お茶箱作り
秋晴れの気持ちいい天気が続いていますね
家の近くの海もとてもきれいです
吉田浜からの景色
最近なぜか海の写真が多いですよね・・・ この景色のそばに住んでる幸せを再確認的な?

昨日は久々のお茶箱づくりでした。
お茶箱 Rさん
Rさんは絣(かすり)の生地です。布クロスのように張りがあるので扱いやすく、良い生地ですよね

お茶箱 Mさん
Mさんは花柄の素敵な生地です。
綿貼りからなので、午後まで制作でも蓋までは終わりませんでした。
お茶箱はいろんな作り方があるので、自分の良いと思った作り方できれいに仕上げるのが一番です

お昼は車で汐見台に出かけてランチです。
七ヶ浜 和食屋 TADA
                  <Bランチ¥1,000(税別) 付き >
「和食屋 TADA」 私の親戚のお店で~す。
時間がなかったので、電話して作っててもらいました 美味しくてボリュームがありますよ
ランチは平日のみ、夜はお酒が楽しめます。定休日は木曜です。
親方はとても面白い人ですよ~
以前「サンドのぼんやり~ぬ」という番組でも紹介されたんですよ
ぜひ、親方の顔を見に行ってください。

 ポチっと応援お願いしま~す
 
スポンサーサイト
2016.10.22 / Top↑
お茶箱リバイバル
3月が終わりそうですね。卒業式の後は入学式ですそして4月からは私の早起きがスタートします


今年はオーダーから始まり、お茶箱作りを楽しんでます。
お茶箱は過去受講したことがあるだけですが、DIY的な作業が私に合っています。
木箱も木工好きのせいなのか前からやっていたような気になります。
カルトナージュの技術が必要なのは底や内貼りする場合ですね。
お茶箱は古くなると割と邪魔扱いされたり捨てられたりしますが、布を貼ったりするとよみがえり
インテリア収納としては最高かもしれないですよね。
ぜひ一つ、ご自分の部屋に合う素敵な収納箱を置いてみてはいかがでしょうか・・・。贈り物としても喜ばれそうです


1お茶箱 モリス
底はスキバルや布クロスなどを貼るようにしています。
お茶箱ストレッチ生地 5k
オーダーの5キロ茶箱です。この生地がストレッチのため力加減で柄が伸びるので
ちょっと難しかったです。本当はワンピースを作ろうと思って買った生地だったそうです。

お茶箱 モリス2
これも5キロ茶箱です。蓋がモリスで本体はウェバリー(アメリカの老舗ファブリックメーカー)のインテリア生地です。
色合いがマッチしました。

お茶箱 モリス3
モリスの生地はカーテンなどのインテリアファブリックで柄が大きいです。5キロの蓋にはここの
デザインがやっとでした。存在感ばっちりですね

のりS 金襴
こちらはのり箱の小さいタイプです。金襴という豪華な生地を使ってみました。

お茶箱小千谷縮 2k
こちらは2キロ茶箱です。生地が小千谷縮という高価な着物の生地です。絹100%のようです。

1k.jpg
1キロ茶箱です。着物生地です。
1k お茶箱 
お茶箱はすべて新品なので内貼りはしてませんよ。

のりS 絞 2
これものり箱の小サイズです。生地は絞りで以前紹介しました八古屋さんからのものです。
今回(4月からかな?)八古屋さんで販売される予定です。
ぜひお店で実物をご覧ください。(八古屋

物づくりに出会えた幸せに感謝して今年はいろんなできることをもっと楽しんでいくつもりです。
 あ、ショップの準備も頑張りま~す  

ポチっと応援お願いしま~す

2016.03.28 / Top↑
お茶箱のオーダー
今年に入って、親戚からお茶箱装飾の依頼が2つありました。
一つは5キロのお茶箱です。
あとの一つが・・・お茶箱を取りに行ったら、なんと30か40キロ?の大きなお茶箱で~
現物を見もせずに、「はいよ~」なんて言ってしまったので作るしかないわ。と
オーダー お茶箱30キロ大
幅が65cmもあります。簡単に引き受けて、うわーと思いながらも、挑戦するのは楽しみです
オーダー お茶箱の生地
生地も間に合いそうな布を受け取ってきましたが、やはり足りなそう~な・・・。

お茶箱の生地
やはり足りないので、モアレ生地と縫い合わせました。

オーダー 木箱
一緒に「木箱にも布貼って」と。 

材料がまだ揃わないので、制作開始していませんが頑張るしかない
久々のお茶箱なのに、大きすぎてビックリですが完成したらアップしますね。

ポチっと応援お願いしま~す

2016.01.31 / Top↑
プロヴァンス生地でお茶箱
昨日の雪にはびっくりでした。近くの公園の桜がやっと咲いたところに
雪が舞っていてのコラボ・・・でした。


町のフェスティバルにも展示したお茶箱。大好きなプロヴァンス生地で10kのお茶箱でした。
今回は4kのお茶箱風の箱に同じ生地を使ってみました。
プロヴァンス 生地
ラインの入った生地は引っ張られて線が曲がってしまうのでむずかしいですね
プロヴァンスのこの黄色の深みやオリーブ柄がなんとも素敵で気に入ってます
柄を邪魔しないようにタッセルは付けず、ロープのみにしました。
親子のお茶箱ですね

こちらは母の誕生日に贈りました。
古い生地
母に「着なくなった着物ある?」と聞いたら出してきたので、もったいないな~と思いながらも
サイズに合わせて思い切って切って使いました。やはり昔の着物は生地がいいので仕上がりも素敵でした
蓋の生地取りでは着物の縫い合わせの部分にかかりましたが、それでも着物を使った感が出て
いいかな~と思いました。(というかそう取るしかなかった
柄が多い生地なので、飾りはロープと紐を使いシンプルに。
母は着ないけど思い出のある着物が使えるものに着せられて喜んでいましたそしてまた「この着物は・・・」と同じ話を繰り返すんですよ

お茶箱や木箱にも生地を貼って使えるのはうれしいですね

お茶箱の装飾で思うことは、これってカルトナージュっぽいけど、DIYだよな~・・・とやってて思います。
生地を貼るという点以外は大工作業。椅子の張替えなどと一緒ですねタッカーを使うのでなおさらですかね。
私にとっては、木工にもカルトナージュにも通じていて楽しい作業ですが・・・
2013.04.22 / Top↑
まとめ