今日は風がありとても寒いですね~ 
外は寒いですが、本日は久しぶりにまったりな朝を過ごしておりました

遅くなりましたが、自宅生徒さんの完成作品をご紹介いたします。
Tさん 講師コース1作品目 2017 11月
Tさんのフォトフレームです。講師コース1作品目が完成~ブルーとグリーンの素敵なフレームになりました

Eさん 吊るし飾り額 29.11月
吊るし飾り(カルトナージュ額)
Eさんの吊るし飾りです。(カルトナージュ額はサロンオリジナル制作教材です~着物の柄の部分が吊るし飾りをより華やかにしてますね
Eさんは柄フィルムを沢山使ったので、とてもかわいい素敵な吊るし飾りに仕上がりました(写真の撮り方を勉強しないとですねm(__)m)

Tさん 吊るし飾り 29.11
Tさんの吊るし飾りです。(こちらもサロンオリジナル制作教材)
1つが4cm角内のパーツで過去に私が1つ1つカット 2セットだけ作りました。
Tさんは、「はれまさん」の作品展に間に合うように、頑張って制作されました。
Tさん 吊るし飾り② つなぎ作業
最後のドリルで穴あけ作業とつなぎ作業は私が担当しましたパーツを組み合わせ。
ゆらゆら揺れる、かわいい吊るし飾りになりましたね

Iさん 風神雷神 29.11月
Iさんの風神雷神です。1つの額が30×50cmほどで過去の教材額の為、なんと!片方の額をIさんは手作りしちゃいました~
なんでも作ってしまう、器用な方なんです蝶番を取り付けて迫力ある2連額になりました
図案もIさんが準備されましたブラス(金色)のリード線は豪華になり、波のグラデーションフィルムも素敵でしたね

みなさんの作品は本当に勉強になりますね
お疲れさまでした


ポチっと応援お願いしま~す
スポンサーサイト
2017.11.30 / Top↑
昨日は第2回目の町講座でした。
前回の続きからの和とじ箱の糸通しでちょっと時間オーバーしましたが、みなさん無事に完成しました
和とじ箱 町講座作品
*見本作品* はがきが入る大きさです。
和とじ箱 内側①
(またまた講座風景写真忘れました


もしかしたら2作品目もスタートできるかなとキット準備しましたが、渡すのみで「次回お持ちください」で時間終了でした
2作品目は、またまた和柄の丸箱です。Φ16cm高さ約6cm
町講座 29年 2作品目
かぶせ蓋で、底にも生地を貼って遊んでみます。

寒くなってきてからの町講座ですが、みなさん忘れず参加されるので嬉しいです
次回もよろしくお願いいたします。

ポチっと応援お願いしま~す

2017.11.01 / Top↑
来週から町の講座(全6回)が始まります。
何を作るか悩みましたが、今まで和風な作品が少なかったかな~と思い、本を探しました。
和布が合うのがありました~
和とじ本を箱にした作品です作り方がカルトナージュとは違うようなので、私なりの作り方に少しサイズも変えたりしてみました。
町講座 和とじ箱②
はがきが入る大きさなので、約14X17cmで厚みは3cmです。見本では着物の生地を使いました。
刺繍が入っているので、豪華に感じます。
町講座 和とじ箱
やはり、2個くらい作ってみないとレジメできませんでした。絹糸も使っているので、今までと違って楽しかったです
年賀はがき用になりますよね。
今回は少人数なので、布付きのフルキットを用意しようと思います。
準備がいろいろありますが、来週の町講座が楽しみです。喜んでもらえたら嬉しいですね~。
よろしくお願いします!

ポチっと応援お願いしま~す


2017.10.12 / Top↑
3月はビジャー先生のレッスンに参加させていただきました。
昨年もボンボニエールを作りましたが、今回は形が違うので楽しみでした。
ボンボニエールレッスン①
この作品ではコンパスを使って製図です。しみじみ・・・これ考えるなんてすごいって思います。
ビジャー先生レッスン ④
本体は少し膨らみのあるデザインです。
ボンボニエール 3月レッスン①
ビジャー先生の布キットでタッセル付きです(このセンスほしい)。完成~です
ビジャー先生レッスン ②
内側はこんな感じ~素敵だわ~ 何個も作りたくなるデザインでした~

カルトナージュは厚紙からカットして作る、手間のかかる手芸の1つ。大変だし、面倒くさいですが作る楽しさが勝つんですね
手作りできるって、幸せです

 ポチっと応援お願いしま~す


2017.04.08 / Top↑
グラスアートの技術を学ぶセミナーが仙台でもあります。
1日のセミナーでは新しい部分を集中して習うので、作品完成までの残り部分を自宅でやることになります。
ただ、家に帰ると終わった感いっぱいで未完成の状態のままに

ピーシング&デコレーション セミナー作品
先日完成したチューリップの額です。(上は表、下は裏)
これも2年ほど前ので途中でした。  
この課題はピーシング技法とリード線のデコレーションで以前もセミナーで習ったので、私は復習でした。

ピーシングレッスン
ピーシングは違うフィルムを隙間の無いように貼る技法です。隙間を開けないのでリード線を貼りません。
リード線のデコレーション①
リード線のデコレーションは太いリード線の上に3ミリのリードを貼っていく技法です。
フォトフレームの枠などに使うと豪華さが増しますね


私の教室の部屋には先送りの妖精が多くいますね(先送りの妖精とはNHKのLIFEという番組で登場しました)


 ポチっと応援お願いしま~す


2017.04.01 / Top↑
まとめ