グラスアートの技術を学ぶセミナーが仙台でもあります。
1日のセミナーでは新しい部分を集中して習うので、作品完成までの残り部分を自宅でやることになります。
ただ、家に帰ると終わった感いっぱいで未完成の状態のままに

ピーシング&デコレーション セミナー作品
先日完成したチューリップの額です。(上は表、下は裏)
これも2年ほど前ので途中でした。  
この課題はピーシング技法とリード線のデコレーションで以前もセミナーで習ったので、私は復習でした。

ピーシングレッスン
ピーシングは違うフィルムを隙間の無いように貼る技法です。隙間を開けないのでリード線を貼りません。
リード線のデコレーション①
リード線のデコレーションは太いリード線の上に3ミリのリードを貼っていく技法です。
フォトフレームの枠などに使うと豪華さが増しますね


私の教室の部屋には先送りの妖精が多くいますね(先送りの妖精とはNHKのLIFEという番組で登場しました)


 ポチっと応援お願いしま~す


スポンサーサイト
2017.04.01 / Top↑
吊るしデザインのグラスアート
先日グラスアート協会からカタログが届きました。
グラスアート2017フィルムセレクションです。
ここ何年か、いろいろな柄フィルムがグラスアートの幅を広げ素敵な作品を楽しむことができます。
限定が多いのですが、人気があるのは再販売されたりします。
柄フィルムも使いたいのと、2年ほど前に限定のアクリル板の在庫があったので吊るし飾りをグラスアートしました。
吊るし飾り
まだ、表と裏フィルムまでで完成はしていません
柄フィルム①
表に白の柄フィルムを貼り、裏にカラーフィルムを貼る事で白の模様がはっきり見えて素敵ですよ。

柄フィルム③
柄フィルム②
グラデーションフィルムもいい雰囲気が出るので、フィルムは沢山あると選べる楽しみが増えます。
デザインは過去のデザインなど組み合わせてみました
町のフェスティバル(3/4・5日)に展示する予定です。実物をぜひご覧くださいね

 ポチっと応援お願いしま~す






2017.02.19 / Top↑
行灯~グラスアート
10月に行灯のグラスアートセミナーを受講してきました。
行灯のセミナー
今回のポイントはすりガラスにジェルを流して透明感を出す勉強です。(見本作品)セミナー 行灯②
それから、枠のリード線をアンティーク加工とデザインを作る技術も学びました(見本作品)。
クリスマスデザインで、デザインの中にろうそくがあるのがわかりますでしょうか。


時間がなくリード線の加工処理は間に合いませんでしたが、先日の七ヶ浜国際村のマルシェで行灯を展示しました
行灯 クリスマスデザイン (本人制作品)
行灯 
割と大きめなサイズですが、すりガラスがすてきな行灯です
リード線加工も楽しんでみます。
グラスアートもいろいろ進化して楽しいです。実用的な作品も魅力が増しますね

 ポチっと応援お願いしま~す

 




2016.12.23 / Top↑
講師のご紹介
最近ブログのカスタマイズに挑戦していますが、なかなかうまくいかなくていろいろ画面画像が変更されている
事をお詫びいたします。
半世紀を生きてきた私には難しいんですよね・・・でも少しずつ楽しみながら覚えています


講師コースを昨年終了されて講師活動を頑張っている先生をご紹介いたします。
ご自宅は石巻です。(遠い七ヶ浜まで通っていただきありがとうございました)
現在はご自宅でグラスアートと腸セラピーのサロン「Salon ANGE」をされています。
T先生は東京で腸セラピーまで勉強されたそうです。
腸は大事なので私も一度マッサージお願いしたいです
o0800045013670908685.jpg

とても明るく話しやすい先生なので、きっと沢山の生徒さんと出会えると思います。
ぜひブログもご訪問くださいね~ Salon ANGE



 ポチっと応援お願いしま~す
   
2016.09.18 / Top↑
グラスアートはツルツルしている素材なら、アクリルや木、アルミなどにも楽しむことができます。
特にアクリルはいろいろな形のカットが可能なので、ガラスでは難しい形の作品を楽しめます。
ただ、アクリルにはそれなりに欠点もあり、傷がつきやすく取れないこと。それと汚れも
取れにくいです。
アクリル汚れについて、問い合わせが続いたので載せてみました~
アクリルの汚れ1
アクリルに一度貼ったフィルムをはがすと粘着剤が残る場合がほとんどです。(白い部分が粘着)
アクリル汚れ取り
粘着汚れが広範囲なため、クリーナーを使って拭き取ろうとすると汚れが溶けてますます広がる可能性が。
ガムテープやはがしたフィルムでトントンと汚れ部分を叩いて取ります。
アクリル 汚れ取り
最後にクリーナーで拭き取るとキレイになります。

シール剥がし

今回は市販のシール剥がし剤を使いました。
協会にはクリーナーも販売されています。どちらにしても一度素材の端で確認してから使用することが大切ですね。

体験 ぶどう
フェスタの体験で私がカット(糸鋸)して作ったぶどうのチャイムです。
PET樹脂ですが、扱いはほとんど同じです。傷や汚れの取り方がわかれば、楽しみも広がりますね


 ポチっと応援お願いしま~す

2016.09.07 / Top↑
まとめ